“これなくそうろう”の漢字の書き方と例文
語句割合
無之候100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「嫌ひだ」と言うたからとて、さうかほんたうに嫌ひだったのかと新事実を発見したほどに思ふやうな僕にては無之候これなくそうろう
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
たのみ上げ候上は、虫同然の小家の者共、おうらみ申しあぐき訳も無之候これなくそうろう