“こなから”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
二合半83.3%
二合五勺16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いや、こいつはきいて置く値打があるぜ、錢形の親分——親分は二合半こなから坂の春日家の貧乏屋敷を知つてゐるかな」
「ええ、驚いたい、串戯じょうだんじゃねえ、二合半こなからが処フイにした。さあ、まあ、お乗んなせえ。」
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「差配の因業いんごうじじい、お梅ばばあのしみったれ」と彼は喚いた、「佐八のばか野郎、赤髯のへちゃむくれ、おめえらはみんな大ばかのひょっとこだ、へっ、どうせこの世は二合五勺こなからよ、むずかしい面あしたって底は知れてらあ、酒でもひっかけて酔っぱらうほかに、——やい、聞えねえのか、水を持って来い」