“こなから”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
二合半83.3%
二合五勺16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
血を雜巾ざふきんか何かにひたして、二合半こなから坂の春日邸下になすつたり、石垣を熊手か何かで引つかいて、あわよくば春日邦之助を無實の罪におとしいれ、自分は何時までもきれいなお孃さんと
息子むすこせいぜんにして、鬼神きじん横道わうだうなしといへども、二合半こなからかたむけると殊勝しゆしようでなくる。
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
佐八のばか野郎、赤髯のへちゃむくれ、おめえらはみんな大ばかのひょっとこだ、へっ、どうせこの世は二合五勺こなからよ、むずかしい面あしたって底は知れてらあ、酒でもひっかけて酔っぱらうほかに、——やい、聞えねえのか、水を