“ぐわんみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
翫味80.0%
玩味20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
而して文士の著作を翫味ぐわんみするもの、武士と平民との間にすべての現象を通じて顕著なる相違あることを、研究せざるべからず。
徳川氏時代の平民的理想 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
「これあ実際掘り出しものですぜ。」養嗣子はせつせと裂で拭いては、翫味ぐわんみしてゐた。
町の踊り場 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
の法を玩味ぐわんみするに、我が大王はまさに天寿国に生れまさむ。しかも彼の国の形は眼に看叵みがたき所なり。ねがはくは図像にりて大王が往生の状をむと欲すと。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)