“ぐろう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:グロウ
語句割合
愚弄98.8%
愚老1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それのみならず、愚弄したようなやり方で、太閤秀吉の木像首をそのあとへおっぽり出して行ってしまった。それには我慢なり難い。
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
買い物という行為を単に物質的にのみ解釈して、こういう人を一概に愚弄する人があるが、自分はそれは少し無理だと思っている。
丸善と三越 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
「それがようござる。ばずながら愚老看護して以上手落はいたさぬえじゃ」
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)