“くわうしん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
荒榛50.0%
黄袗50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
幽山にのぼるの興はのぼりつきたる時にあらず、荒榛くわうしんひらき、峭※せうがくわたる間にあるなり、栄達はうらやむべきにあらず、栄達を得るに至るまでの盤紆はんうこそ、まことにきんすべきものなるべし。
三日幻境 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
この辺より不二は奈良の東大寺山門より大仏を仰ぐより近くそびえ、なかばより以上、黄袗くわうしんは古びてあかく、四合目辺にたなびく一朶いちだの雲は
霧の不二、月の不二 (新字旧仮名) / 小島烏水(著)