“ぎおう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
偽王33.3%
祇王33.3%
魏王33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あるい蘇門答剌スモタラ(Sumotala)の前の前の偽王ぎおうの子蘇幹剌スカンラと戦って、その妻子をあわせてとりことして献じ
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
最早三船の才人さいじんもなければ、小督こごう祇王ぎおう祇女仏御前ほとけごぜんもなく、お半長右衛門すらあり得ない。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
「やよ、魏王ぎおうてい。あまりあわてて馬より落ちるな。きょうはあえて汝を追うまい。悠々逃げよ」
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
PR