“きりかた”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
切方66.7%
切形33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なるほど火屋ほやが薄黒くくすぶっていた。丸心まるじん切方きりかたたいらに行かないところを、むやみにを高くすると、こんな変調を来すのがこの洋燈の特徴であった。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
もち切方きりかた 春 第十九 人の噂
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
朝の味噌汁を啜る時からして、三州味噌の香気にほひがどうだ、塩加減がどうだ、此の沢庵漬たくあん切形きりかたは見られぬ、此の塩からを此様こんな皿に入れる頓馬はない
一月一日 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)