“きようえつがほ”の漢字の書き方と例文
語句割合
恐悦顏100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
世帶じみたをと旦那どのが恐悦顏ぬやうにして立出でしが大空見上げてほつとれるやうのもちいとゞ雲深りぬ。
うらむらさき (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)