“きやうかい”の漢字の書き方と例文
語句割合
境界100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
面部上下の境界を基として正確にへば是等は頭巾の左右兩端に穿ちたるものの如くなれど、大体の位置よりふれば耳輪を埀るる孔を示したるかともはる。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)