“おほしけ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
暴風雨50.0%
大不漁25.0%
大時化25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その八五郎が、近頃は大不漁續きで、猫の子の喧嘩にもありつきません。が、この日は思はぬ人が思はぬ事件を持ち込んで、平次のアンニユイと、八五郎の欠伸を一ぺんに吹き飛ばしてしまひました。
脈といふ脈を、アルコールが駆け廻つて、血の循環り立つ程早い。さらでだに苛立勝の心が、タスカローラの底の泥まで濁らせる様な大時化を喰つて、唯モウ無暗に神経が昂奮つて居る。
病院の窓 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)