“おそろしい”の漢字の書き方と例文
語句割合
可恐100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ええ、わけはございません、貴方あなた、そんなに可恐おそろしいところと御存じで、その上、お薬を採りに入らしったのでございますか。」
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ございませんとも、この路筋みちすじさえ御存じでらっしゃれば、世を離れました寂しさばかりで、けだもの可恐おそろしいのはおりませんが、一足でも間違えて御覧なさいまし
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)