“おぎない”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
補剤50.0%
補助50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「虫ですがい。えらく精分の強い、補剤おぎないになるやつで、なあ。」
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「そこが縁起じゃ、禁厭まじないとも言うのじゃよ、金烏玉兎きんうぎょくとと聞くは——この赫々あかあかとした日輪の中には三脚のからすむと言うげな、日中ひなかの道を照す、老人が、暗い心の補助おぎないに、烏瓜のともしびは天の与えと心得る。難有ありがたい。」とたなそこを額にかざす。
白金之絵図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)