“えんじゃく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
燕雀57.1%
延若21.4%
円寂21.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの小冠者を、いつまで籠の鳥の質子と思うていると間違いまするぞ。今川家のに巣喰うて満足しておる燕雀ではおざらぬ。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
延若だの団十郎だの蝦十郎だの、名優の名がそのころ彼の耳についていた。金が夢のようにいはたされて、彼らが零落の淵に沈む前に、そうしたこの町相当の享楽時代があった。
挿話 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
つまり、凡夫の世界から、仏の世界へ行くことなのです。弘法大師はこれを「行々として円寂に入る」と訳しています。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)