“円寂”の読み方と例文
旧字:圓寂
読み方割合
えんじゃく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三十一字形の短歌は、おおよそは円寂の時に達している。祖先以来の久しい生活の伴奏者を失う前に、我々は出来るだけ味い尽して置きたい。
歌の円寂する時 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
つまり、凡夫の世界から、仏の世界へ行くことなのです。弘法大師はこれを「行々として円寂に入る」と訳しています。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
しかも和尚は天正四年の三月に、たくましい一篇のめて円寂し、墓もその寺にあるにかかわらず、その後なお引続いて、常陸坊が生きているという説は行われた。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)