“いなな”の漢字の書き方と例文
語句割合
100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
海浜や道傍の到る処に塵埃の山があり、馬車が何台も道につながれてあって、足の太い馬が毛の抜けたを振ってそうにいている。
糞尿譚 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
そのうちに、競馬のはじまる時刻が近づいて、国内からりすぐってにつないである馬は、勇んできながら引き出されました。
大菩薩峠:14 お銀様の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
その時、絶壁の遥か上、高原に当たって騎馬武者の音、馬のき、物具、それらにって若い女の悲鳴がかに聞こえて来た。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)