“ありがとう”の漢字の書き方と例文
語句割合
難有100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さすがの文三もついには肝癪かんしゃくを起して、厳しく談じ付けて、不愉快不平な思いをしてようやくの事で食事を済まして、勘定を済まして、「毎度難有ありがとう御座い」の声を聞流して戸外おもてへ出た時には、厄落やくおとしでもしたような心地がした。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)