“黒尉”の読み方と例文
読み方割合
クロジヨウ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
結論に近い事を申しますと、翁も純化はしましたが、やはり此で、黒尉は猿楽の原形を伝へてゐる、と申してよろしいのです。
翁の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
三番叟は、おなじ老體を表して居るが、黒尉と稱へて黒いおもてを被つて居る。さうして必、狂言師の役にきまつてゐる。
其後に、反閇千歳が出て、詠じながら踏み踊る。殿舎を鎮めるのです。其次に、黒尉の三番叟が出て、翁の呪詞や、千歳の所作に対して、滑稽を交へながら、通訳式の動作をする。
翁の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)