“黄金芋”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こがねいも100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“黄金芋”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
芋の菓子というと下品に見えるが黄金芋こがねいもとでも名をければ味も上品で上等の席へ持出せる」としきりに自慢をいうそばから妻君が小さき皿へ羊羹ようかんの如きものを載せて出し「大原さん、あんずの羊羹を一つ召上って下さい」大原「ナニ杏の羊羹と。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)