“鷲羽”の読み方と例文
読み方割合
わしば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのものを仰視するような槍ヶ岳は、槍の大喰岳を小脇に抱え、常念岳を東に、蓮華、鷲羽から、黒岳を北に指さして、岩壁の半圏をめぐらしている、大喰岳の雲の白さよ
谷より峰へ峰より谷へ (新字新仮名) / 小島烏水(著)
大天井や鷲羽に向う子分は、貧乏神以下、先ず概勢はこんなもの。
穂高岳槍ヶ岳縦走記 (新字新仮名) / 鵜殿正雄(著)
鷲羽岳の南腹にある鷲の池などは、大花崗岩塊のらに生じた噴火口に、水が溜まって湖になっているので、今でも湖岸に黒げのした熔岩の塊が、珊瑚礁における、珊瑚片のように散乱している
日本山岳景の特色 (新字新仮名) / 小島烏水(著)