“鴎尻”の読み方と例文
読み方割合
かもめじり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先年陸奧の戰ひに餓ゑて人の肉を食つて以來、鹿の生角さへ裂くやうになつたと云ふ強力の侍が、下に腹卷を着こんだ容子で、太刀を鴎尻らせながら
地獄変 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
時流外れに粗大なる布衣を着て鐵卷の丸鞘を鴎尻へし後姿を、蔭にてし笑ふ者も少からざりし。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
先年陸奥の戦ひに餓ゑて人の肉を食つて以来、鹿の生角さへ裂くやうになつたと云ふ強力の侍が、下に腹巻を着こんだ容子で、太刀を鴎尻らせながら
地獄変 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)