“魅縛”の読み方と例文
読み方割合
みばく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人はそっくりろまんす中の人物となって魅縛的なここの敷石に立つ——と言われているほど、それほど、じっさいチャアリング・クロスを昼夜上下に押しかえす通行人は
長らく秘密の殿堂に参籠して男性魅縛の術を体得したのち、とつじょ風雲急なるヨーロッパに現われて、その蠱惑的美貌と、不可思議な個性力と、煽情的な体姿とを武器に
戦雲を駆る女怪 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
巨大な財産をのむ名壺魅縛……これをこそ、呪縛というのでしょうか。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)