“髯女郎”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
インテレクチュアル・プロスティテュト100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“髯女郎”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 記録 手記 ルポルタージュ1.1%
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
みんなはこの格子を女郎屋の格子に見立て、また髯っ面の自分等を髯女郎インテレクチュアル・プロスティテュトの洒落でもあるまいが、とにかく女郎に見立て、そして怪しからんことには看守をひやかし客に見立てて「もしもし眼鏡の旦那、ちょいとお寄りなさいな」というような悪ふざけをして遊んだそうな。
獄中記 (新字新仮名) / 大杉栄(著)