“高城:たかぎ” の例文
“高城:たかぎ”を含む作品の著者(上位)作品数
野村胡堂1
“高城:たかぎ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
声を掛けたのは、高城たかぎ鉄也という、東京新報の花形記者で、足の勇とは商売敵に当るのですが、敵愾心てきがいしんよりは友情の方をどっさり持って居ようという、優秀な感じのする若い男でした。
女記者の役割 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)