“高一:かういち” の例文
“高一:かういち”を含む作品の著者(上位)作品数
槙本楠郎1
“高一:かういち”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
六人づれの先頭になつてゐた高一かういちは、坂道をわざと後向うしろむきに登りながら、ガヤ/\さわぐみんなに、かうひました。
栗ひろひ週間 (新字旧仮名) / 槙本楠郎(著)