“驀走”の読み方と例文
読み方割合
ばくそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
驀走して来た騎馬また騎馬の奔流と、徒歩立ちの武者たちは、玉村れの並木に、となってみながら
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
西の景門まで、驀走をつづけ、さえぎる敵を蹴ちらすと、またすぐ
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
どっと、横ざまに驀走
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)