“飄渺”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
へうべう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“飄渺”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
竹越君曰く、透谷と月下に語れば清癯せいく飄渺へうべうとして神仙の如し、亦俗界の人に非るを覚ふ。
北村透谷君 (新字旧仮名) / 山路愛山(著)