“類推”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
るいすい50.0%
アナロジー50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“類推”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それと同じく、個人全体の意識もまたより大いなる意識のうちに含まれながら、しかもその存在を自覚せずに、孤立するごとくに考えているのだろうとは、彼がこの類推るいすいよりくだきたるスピリチズムに都合よき仮定である。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ことに文学者たる自分の立場から見て、教授が何事によらず具体的の事実を土台として、類推アナロジーで哲学の領分に切り込んで行く所を面白く読み了った。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)