“頼信”の読み方と例文
読み方割合
よりのぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
馬で海を渡した例は源頼信佐々木盛綱明智光春(これは湖水)など日本で高名だが支那にもあるかしらん。
大阪侯は扇を宮廷で仙台侯に渡す。場へ頼信が来合せては自分ので無いと云ふ。両侯が争ふ。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
例えば源氏の頭領源頼信の如き、また平新皇とまで云われた平将門の如きすらがそれで、頼信は関白藤原道兼の家人となり、将門は太政大臣藤原忠平家人になっておりました。