“間道門”の読み方と例文
読み方割合
かんどうもん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ととつぜん、暴風にそなえるように、うろたえた手下どもは、へ手をかけて、ドーンというきとともに、間道門めてしまった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「心得ぬ軍師のいい、では、みすみす間道門をやぶられて、ここにおおくの手負いをだすとも、大事ないといいはらるるか」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
昌仙は、燕作吉報をまちかねていたところなので、すぐさま、大将呂宋兵衛とともに、間道門のてまえまで、秀吉の使者を出むこうべくあらわれた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)