“間謀”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
スパイ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“間謀”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語3.8%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
マリユスは防寨の内部より外部の方に多く気を取られて、下の広間の薄暗い奥に縛られた間謀スパイをその時までよくは見なかった。
しかし、死にに行くため防寨をまたぎ越してる間謀スパイをま昼の光で見た時、彼はその顔を思い出した。