“銭筥”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぜにばこ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“銭筥”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
えらいお客がまぎれこんでしまった。いったいその女掏摸すりというのは、どの客であろうかと、銭筥ぜにばこ抽出ひきだしから眼鏡めがねをだして、上がってくるのを一人一人見張っている。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)