“銭撒”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぜにま100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“銭撒”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ここへ馬を乗りいれた源三郎をめがけて、銭撒ぜにまやくの峰丹波、三ぽうごと残りのお捻りを投げつけたのだが、偶然源三郎のつかんだ一つが、その、万人のねらう萩乃のおすみつきでありました。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)