“金格子:かねごうし” の例文
“金格子:かねごうし”を含む作品の著者(上位)作品数
芥川竜之介1
“金格子:かねごうし”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼は受話器を持ったなり、神山の方を振り返った。神山は彼の方を見ずに、金格子かねごうしかこった本立てへ、大きな簿記帳を戻していた。
お律と子等と (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)