“金掘:かなほ” の例文
“金掘:かなほ”を含む作品の著者(上位)作品数
谷崎潤一郎1
“金掘:かなほ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
大助は母楓の計らいで、塹壕ざんごうを掘ることを専門にする金掘かなほりを連れて、長持の中に潜んで奥御殿へ運び入れられたと云う。