“酔泥”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
よいど100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“酔泥”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
山下界隈の怪しい酒場で酔泥よいどれた一列の黒奴の火夫達が、最新流行歌をうたって和服の蠱惑こわくの街に傾いた。
スポールティフな娼婦 (新字新仮名) / 吉行エイスケ(著)
躍場では朝の太陽をうけて酔泥よいどれた形骸が、踊子の波の裂れ目で正体もなく寝ていた。
地図に出てくる男女 (新字新仮名) / 吉行エイスケ(著)