“蹌:よろけ” の例文
“蹌:よろけ”を含む作品の著者(上位)作品数
三遊亭円朝1
“蹌:よろけ”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
よろける貞藏の手を取って台所だいどころ折廻おりまわった処の杉戸を明けると、三畳の部屋がござります。
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)