“赤脈”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せきみゃく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“赤脈”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
準頭じゅんとうに赤色が現われていた。赤脈せきみゃくひとみをつらぬいていた。争われない剣難の相であった」先刻方自分の人相を、刀の平へ写して見た時、それが現われていたことを、今改めて思い出したのであった。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)