“買収”のいろいろな読み方と例文
旧字:買收
読み方(ふりがな)割合
かひをさ50.0%
ばいしゅう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“買収”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
あとある絵葉書屋をあさつて居ると、此処ここの王立博物館にあるリユウバンスの諸作中で僕の好きな「火神バチカンの工場をへるヹヌス」の絵葉書と並んでこの童子の噴水の絵葉書もあつたので早速さつそく併せて買収かひをさめた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
機動演習きどうえんしゅう目標もくひょうかと思うたら、其れは京王電鉄けいおうでんてつが沿線繁栄策の一として、ゆく/\東京市の寺院墓地を移す為めに買収ばいしゅうしはじめた敷地しきち二十万坪をしきる目標の一つであった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)