“貝釦”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かいボタン66.7%
かひボタン33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“貝釦”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
靴足袋、玩具、甘蔗の茎、貝釦かいボタン手巾ハンカチ、南京豆、——その外まだ薄穢い食物店が沢山ある。
上海游記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
夜中なのにサン・グラスをかけ、赤縞の襟に貝釦かいボタンのあるシャツを着た若い男だった。
愛のごとく (新字新仮名) / 山川方夫(著)