“護惜”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごしゃく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“護惜”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
たとえ一枚でも天下の通宝を土にしてはならないという護惜ごしゃくも手つだって、草の根をわけ、石の塊りを起して、収拾にかかっているところへ、戞々かつかつと馬のひづめの音をひびかせてこの場へ通りかかったものがあります。
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)