“調宝”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちょうほう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“調宝”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
貞時はきこんでこの家の主人によく事情を話して、すぐに只今ただいまから同伴するようにいった。然らずばなかなかこの家にもそなたを調宝ちょうほうがって離すまいといった。
津の国人 (新字新仮名) / 室生犀星(著)