“袁傪”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
えんさん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“袁傪”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
翌年、監察御史、陳郡の袁傪えんさんといふ者、勅命を奉じて嶺南に使し、途に商於しやうをの地に宿つた。
山月記 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
翌年、監察御史かんさつぎょし陳郡ちんぐん袁傪えんさんという者、勅命を奉じて嶺南れいなん使つかいし、みち商於しょうおの地に宿った。
山月記 (新字新仮名) / 中島敦(著)