“蜻蛉日記”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かげろうにっき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蜻蛉日記”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それにまた『蜻蛉日記かげろうにっき』や『枕草紙まくらのそうし』や『更級日記さらしなにっき』やのような美しい日記随筆の類が生れているではないか、そしてそれらはいずれも立派な文学ではないか
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)