“蜂雀”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はちすずめ57.1%
ほうじゃく28.6%
コリブリ14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蜂雀”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語3.8%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
カナリヤ、錦鶏鳥きんけいちょう蜂雀はちすずめ、——美しい大小の剥製はくせいの鳥は硝子越ガラスごしに彼を眺めている。
早春 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「兄さん。行っちゃいけませんよ。蜂雀はちすずめもあんな遠くにいるんですし、僕ひとりぼっちになってしまうじゃありませんか。」
よだかの星 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
わが魂は人跡いたらぬ森林と広漠こうばくたる草原とに飛ぶ。万物みな美である。はえは光のうちを飛び、太陽に蜂雀ほうじゃくはさえずる。
彼はがまの間に蜂雀ほうじゃくを見るような気がした。
——蜂雀コリブリの真実なる概念を単に言葉の絵具をもつて描かんと努むるも、それは恰も南アメリカの生ける日光を瓶詰となして、大西洋を越え、イギリスの空に輝く雨と降り灑がうとするが如き不可能事に他ならぬ——。
二日間のこと (新字旧仮名) / 牧野信一(著)