“落下:おちさが” の例文
“落下:おちさが”を含む作品の著者(上位)作品数
泉鏡花1
“落下:おちさが”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
いつどきの事で、侍町さむらいまちの人通りのない坂道をのぼる時、大鷲おおわしが一羽、虚空こくうからいわ落下おちさがるが如く落して来て、少年を引掴ひっつかむと、たちまち雲を飛んで行く。
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)