“臥処”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふしど100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
臥処ふしどにて身をさびしみしわれに見ゆ山の背並せなみのうねりてゆくが
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
しづかなる吾の臥処ふしどにうす青き草かげろふは飛びて来にけり
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)