“聞落”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ききおと100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“聞落”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
如何なる手段で薬品を手に入れていたか……という事実は、遺憾ながら聞落ききおとした。
S岬西洋婦人絞殺事件 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「あれ、もし、お膝に。」と、うっかり平吉の言う事も聞落ききおとしたらしかったのが、織次が膝に落ちた吸殻すいがらの灰をはじいて、はっとしたようにまぶたを染めた。
国貞えがく (新字新仮名) / 泉鏡花(著)