“繁延”の読み方と例文
読み方割合
しげのぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
秀郷の後の千晴は、安和年中、繁延連茂と廃立をるに坐して隠岐に流されたし、秀郷自身も前に何かの罪を犯してゐるし、時代の風気をも考へ合せて見ると、或は盛衰記の記事
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)