“繁仍”の読み方と例文
読み方割合
しげより100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白綾小袖に、左の手には扇、右の手には楊枝を持ったる有りの儘の姿を写させ、打死せば忘れ形見にも成るべし、と云い、奉行町野左近将監繁仍の妻で、もと鶴千代丸の時の乳母だった者に
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)