“縄尺”の読み方と例文
読み方割合
じようしやく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
師門の授受の如きに至りては、膠固より已に深し。既に自ら是として人非とし、見ることにして怪しむこと多ければ、之を非とせんと欲するも未だ縄尺かず。
文芸鑑賞講座 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)